SURFBOARDS REPAIR

クラッシュしたレールのライン出し、ピグメントの色あわせなどシェイプからグラッシングまですべてをこなすサーフボードを知り尽くした職人でなければ実現しない仕上がりです。FCSやフィンBOXまわりのリペア、ロービングの取り付け、古くなったお気に入りのボードのオーバーホール、ビンテージボードのリストアなど、見積もりだけでもOKです。なんでもお気軽にご相談ください。

WAXは、落としてご持参ください。


BEFORE REPAIR
クリステンソンのカフェレーサー。テトラポッドにレールとボトムが激しくヒットしてしまいました。
ボトムに大きな穴と凹み、レールも削れてしまっています。テトラポッドはサファーの敵!
AFTER PEPAIR
こだわって作った微妙なグレイのピグメントでしたが、完璧に色を合わせて仕上がりました。
レールのキズもまったくわからない仕上がりです。


オーバホール
ヴィンテージボードを蘇らせます。左はリペア前の状態です。
テールは両方とも欠け、レールに大きなダメージがあり、ボトムは凸凹の状態でした。

右はオーバーホール後の画像です。ボトムの凸凹をならし、テールはラインを完璧に合わせ再現しています。
レールや他のダメージ跡も着色により目立たなくしています。
 
BEFORE REPAIR
ボトムのディケール部です。他のボードのレールがぶつかったようです。
30cm以上の範囲でへこみとラミネートに割れが入っています。
ボードリペア

AFTER REPAIR

ディケールをきっちり残して元のボトムへともどりました。
ボードリペア



ブラウザの閉じる(X)ボタンで閉じてください。